バッチファイル【Windows】

バッチファイルでフォルダ作成を自動化!仕事に便利なWindowsツール!

バッチファイル フォルダ 作成 仕事 便利

管理人みぃ
管理人みぃ
バッチファイルで手作業によるフォルダ作成から卒業しよう!!

Windowsのバッチファイルを使えば、フォルダ作成の自動化を簡単にできます。

【複数のフォルダ】や【階層も含めたフォルダを一括で作ることができますよ。

 

仕事の効率化に便利バッチファイルで、パソコン作業をスピードUPさせましょう!!


スポンサーリンク




バッチファイルでフォルダの作成を自動化する方法

管理人みぃ
管理人みぃ
基本は「md フォルダ名」にゃ。
md test

↑これがフォルダ作成の基本コードで、バッチファイルに記述していきます。

 

さっそく、フォルダ作成の動作を記述するために、【make-folder.bat】などの名前でバッチファイルをつくりましょう。

→ 初心者向け:バッチファイルの作り方と実行方法はこちら

バッチファイル フォルダ 作成 仕事 便利

 

そして、【右クリック→編集】でこのバッチファイルにコードを入力していきます。

バッチファイル フォルダ 作成 仕事 便利

 

ひとまず、フォルダを1個つくってみる為に、↓こちらのコードを入力してください。

md test
バッチファイル フォルダ 作成 仕事 便利

 

入力をして保存をしたら、さっそくコマンドプロンプトからこのバッチファイル【make-folder.bat】を実行してみましょう。

→ 初心者向け:バッチファイルの作り方と実行方法はこちら

バッチファイル フォルダ 作成 仕事 便利

 

すると、「test」というフォルダ名で新規フォルダが生成されます。

 

バッチファイル フォルダ 作成 仕事 便利

 

あとは、この基本形を応用をしていけば、複数のフォルダ作成もバッチファイルで自動化できます。

 

↓たとえば、こちらのコードを使えば、2個のフォルダ【test1】と【test2】を作成できますね。

md test1 test2
バッチファイル フォルダ 作成 仕事 便利

 

↓こちらの画像のように、2つのフォルダをバッチファイルで生成できました。

バッチファイル フォルダ 作成 仕事 便利

 

さらに、フォルダ階層を指定することも凄くカンタンですね。

バッチファイル フォルダ 作成 仕事 便利

具体的には、【test1/sub1】と【test2/sub2】の2階層フォルダを2つ分作りたい場合は、

↓こちらのコードをバッチファイルに打ち込めばOK( “YENマーク” が階層を表します)。

 

md test1\sub1 test2\sub2
バッチファイル フォルダ 作成 仕事 便利

 

これで、【test1/sub1】と【test2/sub2】の2階層のフォルダが生成されます。

管理人みぃ
管理人みぃ
以上のように、バッチファイルでフォルダを作るのは凄くかんたん♪


スポンサーリンク




バッチファイルは便利な仕事ツールだが・・・

管理人みぃ
管理人みぃ
ただし、バッチファイルよりもエクセルVBAの方法がおすすめかも。

ここまで、【バッチファイルによるフォルダ作成方法】を解説してきました。

 

しかし、わたしの個人的な意見ですが、

VBA フォルダ 作成 一括 大量 階層 アイキャッチ 画像 イラスト
VBAでフォルダ作成!一括で作成したい大量フォルダを瞬殺【階層も】エクセルVBAによる【フォルダ作成プロシージャ】をご紹介します。 2階層の大量フォルダを一括作成するコードも書きましたので、ぜひ参考にされてみてくださいね。 猫の手も借りたい人は、エクセルマクロで超面倒なフォルダ作成を自動化しましょう!!...

↑エクセルVBAによるフォルダ作成の自動化のほうがオススメです。

 

エクセルのほうがバッチファイルよりも取っ付きやすいですし、プログラミング初心者にとっても管理がしやすいと思います。

エクセルVBAで大量フォルダを一括作成する方法 」もぜひお試しくださいね。

 

以上、【バッチファイルによるフォルダ作成方法】と、【エクセルVBAのフォルダ生成方法】でした!!

スポンサーリンク




管理人みぃ
管理人みぃ
SNSでのシェア(おすそ分け)もよろしくお願いします。

\Share Mie/

Thank you 〜 また来てね♪


→ ポチっと応援よろしくにゃん♪

管理人みぃ
管理人みぃ
▲ ▲ ▲

もしよかったら

応援よろしくお願いします^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。